Skip to main content

ボタンの使い方

ボタンを無効にする条件を設定する

ボタンが押せない条件を設定することができます。

例えば上の状態で、下記条件の時にDisable状態にします。

  • 「名前」というテキストインプットが空である
  • 「同意しましたか?」というチェックボックスのチェックがついていない

ボタンコンポーネントの右タブの [無効にする条件] に下記の条件を入力していただくと、適切にボタンがDisableになります。

{{ input1.value === '' || !checkbox1.value }}

また、編集画面下部の [状態管理][UIエレメント] から参照先のコンポーネントを選択しvalueを確認すると何も入っていないことが確認できます。

イベントを追加する

データフローの実行

[データフローの実行] を選択すると、ボタンをクリックしたときに特定のデータフローが実行されます。

コピー

[コピー] を選択すると、ボタンをクリックしたときに特定の情報をテキストとしてコピーします。
[コピーテキスト] にはテキストとしてコピーしたい情報を入力します。
ex. {{ table1.data }}{{ text1.value }}

エクスポート

[エクスポート] を選択すると、ボタンをクリックしたときにデータを特定のファイル形式でエクスポートします。
[データ] にはエクスポートしたいデータを入力します。
ex. {{ listProducts.data }}{{ table1.data }}
[ファイル名] でエクスポートした際のファイル名を設定します。
[ファイルタイプ] でエクスポートした際のファイル形式を設定します。

URLを開く

[URLを開く] を選択すると、指定したURLが別のタブで開きます。

ページを移動する

[ページを移動する] を選択すると、同一アプリ内の他のページに遷移します。
ページ遷移時に、クエリパラメータを設定し、遷移先のページに引き継ぐこともできます。