Skip to main content

テキストの使い方

表示するテキストを設定する

表示するテキストを設定します。固定値もしくは動的な値を設定します。

テキストに動的な値を適用する

テキストに変数を記述し動的な値を適用することが可能です。

①データフローの返り値を表示する
countUsers というデータフローの値を参照します。

  1. データフローリストから [新規作成] をクリックします。
  2. データフロー名をcountUsersに変更します。
  3. [Onbording DB] を選択します。
  4. [オプションの入力] をクリックし、以下のSQLを入力します。
SELECT COUNT(*) as count from users;
  1. [実行する] をクリックします。
  2. [状態管理]をクリックし、[データフロー] から [countUsers] をクリックします。 data の配列の0番目にcount:100が入っていることを確認します。
  3. 右タブの [コンポーネント] から [テキスト] をドラッグ&ドロップします。
  4. テキストを選択した状態で右タブの [エディター] をクリックします。
  5. [テキスト] の部分に {{ countUsers.data[0].count }} と記述をすると、値 100 が表示されます。


②テーブルのデータから選択した行の任意のデータを表示する
選択したユーザーのメールアドレスを表示します。

  1. データフローリストから [新規作成] をクリックします。
  2. データフロー名をlistUsersに変更します。
  3. [Onbording DB] を選択します。
  4. [オプションの入力] をクリックし、以下のSQLを入力します。
SELECT * from users;
  1. [実行する] をクリックします。
  2. [状態管理]をクリックし、[データフロー] から [listUsers] をクリックしてdataが入っていることを確認します。
  3. [テーブル]をドラッグ&ドロップします。
  4. テーブルを選択した状態で [エディター] を開き、[データ] に{{ listUsers.data }}と入力します。
  5. [状態管理]をクリックし、[UIエレメント] から [table1] をクリックして [selectedRow] の中のdataemailが入っていることを確認します。
  6. [テキスト]をドラッグ&ドロップします。
  7. テキストを選択した状態で [エディター] を開き、 [テキスト] に {{ table1.selectedRow.data.email }} と入力します。
  8. テキストに選択したユーザーのメールアドレスが表示されていることを確認します。