Skip to main content

ファイルから一括インポートする

CSVからBigQueryにデータを一括インポートする

用意するもの

・インポートしたいCSVファイル

※カラム名とCSVのヘッダー名が一致している必要があります。
※TSV、JSONにも対応しています。

コンポーネントを配置する

  1. [カラム] を配置する。
  2. [カラム] のアジャスターを動かし、左右の幅を調節する。
  3. [カラム] の左側に [テーブル] を配置する。
  4. [カラム] の右側に [ファイル] を配置する。
  5. [ファイル] の下に [モーダル] を配置する。
  6. [モーダル][ボタンラベル]CSVを確認する と入力する。
  7. [モーダル] を開き、 [テーブル] を配置する。
  8. [テーブル] の下に [ボタン] を配置する。
  9. [ボタン][ラベル]一括インポートを実行 と入力する。

データフローを作成する

データの一覧の取得

  1. [データフローリスト][新規作成] をクリックする。
  2. BigQueryと連携された任意のデータソースを選択する。
  3. [モード][SQL] に選択する。
  4. [SQL]SELECT * FROM `<project_name>.<dataset_name>.<table_name>` LIMIT 20; と入力する。
  5. [実行する] をクリックし、実行する。

一括インポート

  1. [データフローリスト][新規作成] をクリックする。
  2. BigQueryと連携された任意のデータソースを選択する。
  3. [モード][GUI] に選択する。
  4. [アクション] を選択する。一括インサートしたい場合は Bulk insert 、一括インサートorアップデートをしたい場合は Bulk upsert を選択する。
  5. [Dataset] にBigQueryの該当データセット名を入力する。
  6. [Table] にBigQueryの該当テーブル名を入力する。
  7. [Items]{{ file1.value[0].parsedData }} と入力する。
  8. [Primary keys]id と入力する。(Bulk upsert を選択した場合のみ、任意のPrimary keyを入力)
  9. [成功時のトリガーを設定する] にチェックをつけ、 [データフロー]dataflow1 を選択する。

データフローとコンポーネントを紐づける

  1. 最初に配置した [テーブル][データ]{{ dataflow1.data }} と入力する。
  2. [モーダル] の内部に配置した [テーブル][データ]{{ file1.value[0].parsedData }} と入力する。
  3. [モーダル] の内部に配置した [ボタン][アクション]runDataflow を選択する。
  4. 同じく、 [ボタン][データフロー]dataflow2 を選択する。

動作を確認する